神の乳母 異形に奪われた妻

チンジャオ娘さんの神の乳母は、ある不幸なことがあって子供を失ってしまった百合恵がヒロインの漫画です。
百合恵は子供を失ったことを受け入れる事ができず、「子供がいるもの」として生活しています。

神の乳母の序盤で、百合恵は夫に「子供の学費のためにバイトをしたい」と言い出します。
もちろん、現実には子供がいないのでそんな費用は必要ありません。
しかし、百合恵の心のバランスを心配した夫は、その事には触れずにバイトも許可します。
ところが、百合恵が向かったバイト先がクセモノでした。

チンジャオ娘さんの神の乳母は、これまでの作品と違ってかなり暗い雰囲気から始まります。
そして、百合恵が向かったバイト先はこれまで以上に暗いものでした。
一応百合恵の住んでいるマンションの住人の部屋でベビーシッターをするという話だったのですが、実際はベビーシッターではなく、神の乳母となることを求められたのでした。
この神の乳母(めのと)は、世間一般で言う乳母の役目ではありません。
この神は百合恵の快楽を糧にして成長する異形の神だったのです。

このバイトを始めてから百合恵は毎日のように快楽漬けにされてしまいます。
ベビーシッターという名目なので、毎日のようにその部屋に通っても夫は不思議に思いません。
誰にも相談できず、ひたすらヤられるだけの毎日です。
普通なら気が狂いそうになるのですが、百合恵は違いました。
その異形の神から与えられる快楽に溺れてしまったのです。

神の乳母はチンジャオ娘さんの漫画には珍しい触手ものです。
触手といっても、その異形の神は1本しか触手を持っていないので、全身に絡み疲れてと言ったプレイ(?)はないのですが、ひたすらハメられまくる百合恵はエロいです。
そして、神の乳母への要求はこれだけでは終わりませんでした。

詳しく書くとネタバレになってしまうので書きませんが、結構衝撃的なラストを迎えます。
もっとも、百合恵はその結末に満足してるようなのですが・・・
可哀想なのは百合恵の夫です。
その正体にうすうすながら気づいてしまったのですが、百合恵が納得している以上どうすることもできません。
かなり後味の悪い終わり方ですが、エロさは全く失われてないです。
チンジャオ娘さんの企画力に脱帽ですね~

八百万姦

大学生の友里恵は久しぶりに従姉妹のいる田舎に遊びに来ます。
そこでは昔遊んだ懐かしい場所でいっぱい!

久しぶりと言うこともあってハメを外して遊びまくってしまいます。
山の中にある滝でボール遊びをしていた友里恵ですが、手元が狂ってボールが茂みに飛び込んでしまいます。
慌ててボールを探しに行くと、そこには見たこともないほど綺麗な女の人がいました。
その女の人は友里恵のボールを持っており、「おかげで社が壊れたわ」と言ってきます。
たしかに、すぐ近くにはしめ縄が張られた木と、壊れた木の社がありました。

もう平謝りするしかない友里恵。
そして、友里恵は知りませんでしたが、この社が八百万姦への入り口だったのです。
さっきまで山の中にいた友里恵ですが、気が付くと周囲は霧に覆われてしまっています。
なぜこんなことになっているのか理解が追い付かない友里恵。
そもそもこんな山の中に女の人がいること自体が謎です。
とりあえず、なぜこんなところにいるのか聞いてみたところ、「ここに村があるから」とだけ答えてくれます。
こんなところに村なんて・・・と言おうと思った友里恵ですが、周囲はいつの間にか村の入り口のような場所に変わっていました。
どうやら友里恵は神隠しにあってしまったようなのです。
多分、友里恵が社を壊してしまったために、八百万姦の世界に入ってしまったのでしょう。
そして、その女の人はふっと笑うと、そのまま霧の向こうに消えてしまいます。
友里恵にとって、その女の人は現状を知る唯一の手掛かり。
すぐに探そうとしますが、友里恵の前に現われたのは一つ目の鬼でした。
鬼は「生身か?」と言うと、友里恵が神隠しにあった事を教えてくれます。
そして、ここには帰る手段はないといい、別の場所に連れて行ってやると言ってくれます。
友里恵はてっきり元の場所に戻してくれると勘違いして、鬼の船に乗ってしまいます。
そして、友里恵は後戻りできない八百万姦の世界に入って行ってしまうのです。

委員長、さっきトイレでオナってたでしょ

委員長、さっきトイレでオナってたでしょは変な女神から一見役に立たない能力を与えられてしまった男が主人公の漫画です。
授業中に居眠りをしていた三枝は自称女神から「イッた回数が判る」という能力を授かり、もとい押し付けられます。
居眠りから目覚めた三枝は確かに「イッた回数」が判るようになっていました。。。男女問わずに。

なんだかげんなりする能力ですが、男の回数が判ることを除けば使いようがあります。
委員長、さっきトイレでオナってたでしょ。はこの役に立たない能力を活かしていろいろ悪戯をしまくっていきます。

三枝がとりあえずターゲットにしたのはクラスでもズバ抜けてイッた回数が多い、委員長。
他の子は数回~多くても100回程度なのに、委員長のイった回数は2000回近いのです。
しかも、授業中にトイレに行って戻ってきたら回数が増えていたりします。
つまり、トイレでオナっているという事。
これはネタにできる!と確信した三枝は委員長に対して揺さぶりをかけてみます。
揺さぶりと言っても、放課後に呼び出して「トイレでオナってたでしょ」と聞くというド直球ですが。

でも、事実なので委員長にとっては大打撃。
焦った拍子に自分から証拠をぽろぽろとこぼしてしまいます。
委員長が自爆してくれたおかげで、やりやすくなった三枝。
なんといっても委員長が差し出してくれた証拠が大人のオモチャだったのですから。
それを使って委員長を責めまくりです。

三枝の考えナシも相当ですが、委員長のわきの甘さも相当です。
以降、委員長はたびたび脇の甘さが原因でピンチに陥りますが、それを利用して美味しい思いをする三枝。
もう完全に上限関係が決まってしまってますね。
委員長自身はと言うと、三枝にやられるのが気持ち良すぎて、オナってもいけなくなってしまっています。
つまり、上下関係だけでなく、委員長の命綱が三枝に握られたも同然の状態。
能力を与えた自称女神もここまでひどいことになるとは思ってなかったのでは?

ちなみに、三枝はこの能力を委員長ひとりだけに使うなんて殊勝な心掛けの持ち主ではありません。
ターゲットにできそうな娘を見つけては片っ端から喰い始めます。

囚われ勇者と魔王(女)とエルフ

囚われ勇者と魔王(女)とエルフはひぐま屋の新作漫画です。
勇者と言ってもひょろひょろモヤシっ子で、当然魔王に勝てるはずもありません。
捕えた魔王(女)も「本当に勇者」と確認してくるくらいです。

数あるファンタジーもののなかでも、魔王に確認される勇者なんてそう多くないはず笑
一応勇者(らしい)ことを知った魔王(女)は、モヤシ勇者ならそれはそれで利用しやすいと考えたようです。
このモヤシ勇者を徹底的に利用することを画策します。

利用すると言っても、一応は勇者。
囚われていても反抗的な態度を崩しません。
そこで、まず、エッチな事で骨抜きにしようと考えます。
その意味では、モヤシ勇者の方が都合がよかったのでしょう。

早速囚われ勇者の懐柔にかかる魔王(女)。
ところがこれが思いのほか簡単にできてしまいます。
どうやら勇者はこれまで魔物退治に夢中でエッチな事には全く興味がなかったようです。
そういえば、この勇者って仲間いないみたいですね・・・
囚われても誰かが助けに来る気配もなければ、勇者自身もそれを期待している風でもありませんから。

要するに「ぼっち」なので、この意味でも魔王(女)の懐柔は簡単だったのでしょう。
魔王(女)は敵だと頭ではわかっていても、エッチな事をさせてもらえると判ると、全く体が言う事を聞いてくれません。
それどころか、魔王(女)に甘えだしたりする始末・・・
ホントに勇者かこいつ・・・

魔王(女)に一通り遊んでもらったあとは、同じく囚われのエルフが連れてこられます。
このエルフ、なんだかエッチぃです。

魔王(女)によると、だいぶ前にエルフの里を襲撃したときに、気に入って連れて帰ったようです。
そして、囚われ勇者と同じく、エッチな調教をされて今ではエロエロになってしまっています。

ただでさえエッチしたくてたまらない囚われ勇者にエロエルフをあげたものですから・・・
当然のようにヤりまくる勇者。
ところが、エルフもかなりの(性的に)剛のモノで、何度勇者に求められても全て受け止めるほど。
最後の方では疲れて寝てしまった勇者に覆いかぶさってエッチをしようとするほどです。
このエルフ、ヤバい・・・笑

まあ、ヤりたい盛りの勇者とエロエルフの組み合わせはある意味最高と言えるでしょう。
そして、ふたりがエッチしている間は勇者の脅威におびえる必要がなくなる魔王(女)にとっても、この状態は望ましいものです。
魔王は2人を放置してどこかに行ってしまいます。
そんなことに気づきもせずにエッチしまくる勇者とエルフ。

なんというか、最終的には魔王(女)の一人勝ちという感じですね。
囚われ勇者と魔王(女)とエルフはこちらから読めます。

孕ませ合法化っ!!!人気アナウンサーユリの場合

まろん☆まろんさんの人気漫画「孕ませ合法化」のアナザーストーリー的な扱いの漫画「孕ませ合法化っ!!!人気アナウンサーユリの場合」です。

本編である「孕ませ合法化」の冒頭で法案成立のニュースを告げたアナウンサー、それが「孕ませ合法化ユリの場合」の主人公であるユリです。
本編ではとんでもないニュースを鉄面皮をかぶったかのように淡々と告げたユリですが、内心は穏やかではありませんでした。
内心ではこの国はおかしくなってしまったと思っており、なんとかして少しでも被害を食い止めたいと思っていました。

この孕ませ合法化がニュースで流れた当初は誰も本気にしておらず、ユリも少しは安堵していたのですが、噂でどうやらアレは本当らしいということが広まるにつれて、ユリの悪い予感は的中します。
ユリ自身はニュースで流したりしなければ、これ以上の被害の拡大は抑えられると考えており、ニュースを拒否したりします。
確かに、当初はみんながデマだと思っていたくらいですから、ニュースで真実を伝えなければ都会はともかく地方はまだ何とかなるかもしれないとユリは考えたのです。

しかし、そんな甘い考えは同僚たちによって打ち砕かれます。
ユリにニュースを読むことを強要したのです。
一度は辞めると言い出したユリですが、それなら可愛い後輩たちが代わりになると告げられて、やめることもできなくなってしまいます。
結局そのまま女子アナを辞めることができなくなってしまったユリは男たちにハメられまくりながら、テレビに出演することになってしまいます。

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでしたはある日、天井を突き破って女の子が落ちてきたお話です。
主人公である相川は、バイトでこき使われて毎日ヘトヘトのフリーター。
彼女が欲しくてもないとが忙しすぎてそれどころではありません。
かと言って、バイトを減らすと食っていけなくなるので、本当にギリギリの生活です。
少しでも生活費を浮かすために、家は築ウン十年は立っていると思われるボロアパート。

本気で蹴っ飛ばしたら倒壊しそうなレベルのアパートなのですが、家賃が安いので文句も言えません。
そして、このアパートにはお金がない人がたくさん集まってきます。
例えば、女優志願の女の子とか・・・

実は相川の部屋の真上は女優志願の女の子が住んでいたのです。
女優を志願するだけあって、可愛くてナイスバディなのですが、売れない女優はお金なんてありません。
それに、舞台の練習でバイトもロクにできないので、相川以上に生活は厳しいのです。
スタジオを借りることもできないので、練習は狭い家の中。
しかし、彼女はそこがボロアパートだということを忘れていたのです。

必死に練習するうちに熱が入ってしまい、ある日床を踏み抜いてしまいます。
床が抜けたので、女の子が落ちた先は真下に住む相川の部屋。
しかも運が悪いことに相川はそのタイミングでオナニーをしていたのです。

相川からしてみれば、俺の息子の先っぽに女の子が落ちてきたのです。
そのまま激しく&深く挿入されてしまう女の子。
舞台の練習で火照っていた身体は相川の息子をにゅるっと受け入れてしまいます。
イく寸前だった相川も突然息子の先っぽに振ってきた女の子を逃がすはずもありません。

そのまま即本番になってしまう相川と女の子。
女の子にとっては落ちた先が相川の息子の先っぽであったという最悪の出来事ですが、相川からしてみれば奇跡にも等しいことです。
結局、相川の欲望の赴くままヤられまくってしまう女の子。
でも、だんだん女の子も気持ちよくなってしまい遂には・・・というお話です。

隣人がサキュバスだと毎日がエロい

舞台は現代日本と似た社会です。
テクノロジーや生活様式などはほぼ同じですが、そこに住んでいる人が少しだけ違います。
普通の人類と一緒にサキュバスも住んでいるのです。

サキュバスは数こそ多くないようですが、それなりに社会に溶け込んでいます。
目の付け所が鋭い会社は「サキュバス召喚アプリ」なんて言うものをつくっているくらいです。
このアプリは登録済のサキュバスに連絡して、呼び出すことができます。
サキュバスを呼び出してヤることなんて言ったら・・・一つしかありませんね。

しかも、サキュバスを呼び出さなくても、偶然隣に住んでいたりすることもあります。
サキュバスの末裔であるまり子さんは、人間の男と結婚して都内のマンションに住んでいます。
旦那にはサキュバスの末裔であることは内緒にしているのですが、余ったせい欲はマンションの隣人で解消していたりするのです。

まり子さん曰く、サキュバスとしての能力はほとんど失って人間に近いとの事ですが、エロさと誘惑の上手さはサキュバス譲りなようで、隣人の大学生はほとんど毎日のようにまり子さんの相手をさせられています。
もちろん、隣人はいやいやではなく、喜んでまり子さんの相手をしているのですが・・・

サキュバスと言えば搾精。
まり子さんも搾精のテクニックは抜群で何度でもエッチできるほどです。
もし、隣人がサキュバスだったら毎日が楽しそうですね。

ちなみに、ひぐま屋のオマケではサキュバス小佳奈プリで呼び出されたまり子さんも見ることができます。
普段は普通の格好なのですが、アプリで呼び出されたときは悪魔っぽい恰好をしています。
こちらの姿もエロいので必見です。

H妹とのド変態せっくすの日常

大学に行ってよかったと思うことは一人暮らしができることです。
それまでは実家にいたので自由にできないことも多かったのですが、一人暮らしをし始めたら基本的に全部自分で決められます。
それが嫌だという人も一定数いるのは確かですが、大体の人は一人暮らしをしたいものです。

大学に入って自由を謳歌していたある日、その自由を邪魔するものが現れます。
それは義妹のナナです。
どうやら実家暮らしが嫌になったらしく、うちに転がり込んできたのです。
うっとおしいことこの上ないので追い返そうとしたのですが、頑なに拒んで帰りません。
実家に連絡してみたところ、どうやらケンカしたらしく、しばらく帰ってこなくていいと言い出します。
結局貧乏くじを引かされそうになったのですが、ナナもただの居候は悪いと思ったのか、いろいろすると言い出したのです
日常のお世話をはじめとしてHな事もすると言い出します。
さすがにそれは不味いと思ったのですが、どうもナナはド変態の素質があって日常的にそういうことを繰り返していることが判ってきます。
果たしてこのH妹と一緒に暮らしていて大丈夫だろうかと不安になってしまいますが、本人は乗り気なのでしばらく様子を見てみることにしました。

すると、H妹のド変態が突き抜けていることが判ってきます。
兄でさえちょっとまずいのではないかと心配になるレベルのド変態なのでせっくすにかんしては全然イケるのですが、それが周囲にばれたらどうしようと思ってしまいます。

特にナナはそんな変態せっくすばかりしていることが周囲にばれたら付き合ってくれる人がいなくなってしまうのではないかと思ってしまいますが、どうやら本人は俺と付き合えばいいと思っているフシがあります。

たしかに、毎晩のようにド変態せっくす三昧の日常なのですが、それはあくまで宿泊費なので、べつにナナと付き合っているからやっているわけではないのです。
どうもナナはそのあたりを少し誤解しているようなのですが、少なくとも直近は言わないでおいた方がおいしい思いができるかなと思ってしまいます。

どちらにせよ、H妹とのド変態せっくすの日常にはいつかけじめをつけないといけません。
それがいつになるか(なるべく引き延ばしたい)は判りませんが、、、

とある村の筆下ろし事情がヤバい!?

いくら情報化社会になってきたといっても、田舎では昔の風習が残っている事は多くあります。
ネットや携帯が普及しても使う人が対応していなかったらどうしても情報化の波に乗り遅れてしまうのです。
そうして乗り遅れた地方は昔の風習がずっと残ったままということになります。

また、いくらあえて昔の風習を残すということもあります。
特にその風習が一部のものにとって便利だったりするとよく起こるのではないでしょうか?
そして一番きついのがこの2つの合わせ技、つまり情報化に乗り遅れた地方で一部の人間が自分たちの利益のために昔の風習を残そうとしているケースです。

こうなると、誰も止めることはできません。
外部からの情報はシャットアウトされていますし、そこに住む人はそれが昔から続いていたので当然と思っていたりするのです。

ひぐま屋の「とある村の筆下ろし事情」ではそんな田舎の村の事情が描かれています。
風俗もない田舎ではヤるのも一苦労するはずです。
そんな環境で効率的にやるためには、筆下ろしは年上の女音人がやってくれるという風習は願ってもないしきたりなのです。

こういう風習を残しておけば、何かとやり易いのは想像に難くありません。
田舎なので外部からの声をシャットアウトしておけば、大きな問題にならないのです。
もちろん、この漫画ではそう言ったものを悪く取り扱ってはいません。
むしろ、村に住んでいる男の視点で物語が進んでいきます。

この風習を取り扱うと必然的にお姉さんがたくさん出てきます。
ひぐま屋の絵はお姉さんが魅力的なので、正にうってつけではないかと思います。

ガキにもどって犯りなおしっ!!!

「あの頃に戻りたい・・・」
かつて幼馴染の女の子・成宮セラにに徹底的にいじめられ、女の子が怖くなってしまった男・通称ボク。
ボクとセラはもともとは仲が悪いわけではなく、むしろ仲良しだったのです。

ところが高学年になったころ、突如セラの態度が急変。
いつこくボクをイジメはじめたのです。
セラのいじめはどんどんエスカレートしていき、遂にはクラス全体を巻き込んだ嫌がらせに発展します。
そんな状況に耐えられなくなったボクは逃げるように男子校に転入。
以来、女の子を徹底的に避けて生きてきました。

しかし、ボクの性欲は底なしであり、それなしでは生きていけないほどです。
女の子が怖くて仕方がない反面、やりたくて仕方がない。
そんな矛盾を抱えたまま十数年が経過してしまいました。

ボクの考えることと言えば「ガキの頃に戻りたい」ということだけ。
未来に希望はなく、きっと 40になっても50になってもこのままだと言う暗い未来しか描けませんでした。
「これも全部あいつらが悪い」
ボクは勝手に逆恨みを始めます。
しかし、その矛先を向けようにもセラとはもうずっと会っておらず、連絡先すらわかりません。
もはやどうしようもない状況に陥ってしまったとき、ボクは過去の世界に戻ってしまいます。

体はガキにもどっていましたが、内側は暗い未来を歩んでいた時のままです。
周囲の時間もガキの頃に戻っていたので、必然的にセラやかつて自分をイジメたクラスメイトと顔を突き合わせることtなります。

最初のうちこそセラが怖くて仕方がなかったのですが、ある日ケンカして容易に勝利してしまいます。
実はセラは威勢がいいだけで腕力も弱く、身体も小さい女の子だったのです。
かつては委縮していたため、セラとまともに戦ったことはなくいつもやられっぱなしだったのです。
「いい気にならないでよっ!!」
ネコの様にフーフー言いながら虚勢を張るセラを見て、今までの呪縛が一気に溶けてしまったボクは、そのままセラに復讐することを思いつきます。

正面からぶつかればセラに負けることなんてないので、セラを抑え込んで今までやられたことをそのまま仕返ししたのです。
ボクの予想外の反撃に驚いたセラは、一気に立場を逆転されてしまいます。
セラをやっつけてトラウマを取り除いたボクは、あの暗い未来と決別するべく、ある計画を実行に移すことにします。
ガキにもどって犯りなおしっ!!!はこちらから読めます。