囚われ勇者と魔王(女)とエルフ

囚われ勇者と魔王(女)とエルフはひぐま屋の新作漫画です。
勇者と言ってもひょろひょろモヤシっ子で、当然魔王に勝てるはずもありません。
捕えた魔王(女)も「本当に勇者」と確認してくるくらいです。

数あるファンタジーもののなかでも、魔王に確認される勇者なんてそう多くないはず笑
一応勇者(らしい)ことを知った魔王(女)は、モヤシ勇者ならそれはそれで利用しやすいと考えたようです。
このモヤシ勇者を徹底的に利用することを画策します。

利用すると言っても、一応は勇者。
囚われていても反抗的な態度を崩しません。
そこで、まず、エッチな事で骨抜きにしようと考えます。
その意味では、モヤシ勇者の方が都合がよかったのでしょう。

早速囚われ勇者の懐柔にかかる魔王(女)。
ところがこれが思いのほか簡単にできてしまいます。
どうやら勇者はこれまで魔物退治に夢中でエッチな事には全く興味がなかったようです。
そういえば、この勇者って仲間いないみたいですね・・・
囚われても誰かが助けに来る気配もなければ、勇者自身もそれを期待している風でもありませんから。

要するに「ぼっち」なので、この意味でも魔王(女)の懐柔は簡単だったのでしょう。
魔王(女)は敵だと頭ではわかっていても、エッチな事をさせてもらえると判ると、全く体が言う事を聞いてくれません。
それどころか、魔王(女)に甘えだしたりする始末・・・
ホントに勇者かこいつ・・・

魔王(女)に一通り遊んでもらったあとは、同じく囚われのエルフが連れてこられます。
このエルフ、なんだかエッチぃです。

魔王(女)によると、だいぶ前にエルフの里を襲撃したときに、気に入って連れて帰ったようです。
そして、囚われ勇者と同じく、エッチな調教をされて今ではエロエロになってしまっています。

ただでさえエッチしたくてたまらない囚われ勇者にエロエルフをあげたものですから・・・
当然のようにヤりまくる勇者。
ところが、エルフもかなりの(性的に)剛のモノで、何度勇者に求められても全て受け止めるほど。
最後の方では疲れて寝てしまった勇者に覆いかぶさってエッチをしようとするほどです。
このエルフ、ヤバい・・・笑

まあ、ヤりたい盛りの勇者とエロエルフの組み合わせはある意味最高と言えるでしょう。
そして、ふたりがエッチしている間は勇者の脅威におびえる必要がなくなる魔王(女)にとっても、この状態は望ましいものです。
魔王は2人を放置してどこかに行ってしまいます。
そんなことに気づきもせずにエッチしまくる勇者とエルフ。

なんというか、最終的には魔王(女)の一人勝ちという感じですね。
囚われ勇者と魔王(女)とエルフはこちらから読めます。