ALL YOU NEED IS KILL

ギタイという謎の生物に侵略される地球が舞台の近未来ストーリーです。
ボールに口がついたようなギタイは通った土地をすべて汚染してしまい、人類の生存地域を脅かしていきます。
当然、人類も防疫軍を組織して対応するのですが、際限なく沸いてくるギタイに徐々に活動範囲を狭めていきます。
そしてついにギタイに対抗できるパワードスーツを唯一生産できるジャパンにもギタイが迫ってきます。

ジャパンの防疫軍とアメリカの精鋭が迫りくるギタイに対抗していくのですが・・・
ジャパンの防疫軍新兵キリヤは初出撃であっさりギタイにやられてしまいます。

しかし、気がつくと出撃前日に戻っていたのです。
しかも出撃してからギタイにやられるまでの記憶はそのままです。
最初のうちは訳が分からずに出撃し、またやられてしまうのですが、どうやら行動次第では未来を変えられるということに気がつきます。
この時のループに巻き込まれたキリヤは100回を超えるループの中で徐々に強くなっていきます。

一方アメリカ精鋭部隊を率いるリタもループに巻き込まれた人間であり、キリヤに対して
「何回目だ?」と聞いてきます。
時のループを知っている二人はすぐに心を通わせるのですが、ループから抜け出すにはどちらかが消えなければならないと言った残酷な運命に巻き込まれてしまいます。