このあえぎ声はホンモノです

「くぅ・・・やめろ!!その手を離さないか!!」

ファンタジー系18禁ゲームでは王道の姫騎士の凌辱。
そのエロボイスを実際にエッチして収録しているゲーム会社があったのです!
主人公が初めてディレクションするエロゲーの作製現場はまさにエロいあえぎ声は実際にセックスして収録しています。
今回のゲームは凌辱ファンタジーもの。
作製現場でも実際に3Pとかヤりまくります。

エロゲーのボイス担当は可愛い女の子声優ばかりなので、ディレクターである主人公も熱が入ります。
何故なら、声優の女の子たちとエッチするのはディレクターの役目なのです。

主人公が声優の女の子のおっぱいを揉んだりして「リアル」なあえぎ声を作り出します。
(ディレクターってこんなにいい仕事だったんだ・・・)
最初のうちは”仕事”としてあえぎ声をあげていた声優の女の子たちも、カラダ中を触られているうちにだんだん火照ってトロトロに蕩けてきます。
一度火がついてしまったら後はもう台本なんて関係ナシ!!
本能の赴くままにエッチな事をヤりまくります。

最初のうちは余裕の表情で主人公を受け入れていたベテラン声優も、一度ヤられてしまうともう止まりません。
自らナカに出してほしいと言い出したりエロすぎます!
さらに、何も知らない新人声優さんに至っては最初からほぼ発情モードです。
3Pシーンでも「前の穴はディレクターさんに・・・」なんていうほどデレデレモードでおねだりしてきます。
「このあえぎ声はホンモノです」はゲーム作製現場というちょっと非日常的な環境でもっと非現実的なエッチをしまくるおすすめ漫画です。