ガキにもどって犯りなおしっ!!!

「あの頃に戻りたい・・・」
かつて幼馴染の女の子・成宮セラにに徹底的にいじめられ、女の子が怖くなってしまった男・通称ボク。
ボクとセラはもともとは仲が悪いわけではなく、むしろ仲良しだったのです。

ところが高学年になったころ、突如セラの態度が急変。
いつこくボクをイジメはじめたのです。
セラのいじめはどんどんエスカレートしていき、遂にはクラス全体を巻き込んだ嫌がらせに発展します。
そんな状況に耐えられなくなったボクは逃げるように男子校に転入。
以来、女の子を徹底的に避けて生きてきました。

しかし、ボクの性欲は底なしであり、それなしでは生きていけないほどです。
女の子が怖くて仕方がない反面、やりたくて仕方がない。
そんな矛盾を抱えたまま十数年が経過してしまいました。

ボクの考えることと言えば「ガキの頃に戻りたい」ということだけ。
未来に希望はなく、きっと 40になっても50になってもこのままだと言う暗い未来しか描けませんでした。
「これも全部あいつらが悪い」
ボクは勝手に逆恨みを始めます。
しかし、その矛先を向けようにもセラとはもうずっと会っておらず、連絡先すらわかりません。
もはやどうしようもない状況に陥ってしまったとき、ボクは過去の世界に戻ってしまいます。

体はガキにもどっていましたが、内側は暗い未来を歩んでいた時のままです。
周囲の時間もガキの頃に戻っていたので、必然的にセラやかつて自分をイジメたクラスメイトと顔を突き合わせることtなります。

最初のうちこそセラが怖くて仕方がなかったのですが、ある日ケンカして容易に勝利してしまいます。
実はセラは威勢がいいだけで腕力も弱く、身体も小さい女の子だったのです。
かつては委縮していたため、セラとまともに戦ったことはなくいつもやられっぱなしだったのです。
「いい気にならないでよっ!!」
ネコの様にフーフー言いながら虚勢を張るセラを見て、今までの呪縛が一気に溶けてしまったボクは、そのままセラに復讐することを思いつきます。

正面からぶつかればセラに負けることなんてないので、セラを抑え込んで今までやられたことをそのまま仕返ししたのです。
ボクの予想外の反撃に驚いたセラは、一気に立場を逆転されてしまいます。
セラをやっつけてトラウマを取り除いたボクは、あの暗い未来と決別するべく、ある計画を実行に移すことにします。
ガキにもどって犯りなおしっ!!!はこちらから読めます。

イケナイヒメゴト

「私・・・万引きなんて・・・」
公園のトイレに連れ込まれて脅されてしまう実奈。
万引きしたのが見つかって、さらに最悪な事に現場を写真に収められてしまっていたのです。

最初は何とかして写真を取り返そうとした実奈ですが、今ではそれすら諦めてなんとか家に帰してもらおうと必死です。
なにしろ、現場写真をネタに脅してきた男は、実奈にエッチな要求を突き付けてきたのです。
まだ処女で初めては大好きな彼氏にと思っていた実奈にとって、男の要求はとてものめるものではありません。
しかし、トイレに連れ込まれてしまった実奈は何とかこの場を切り抜けるのに必死です。

男にスキはなく逃げ出すこともできそうにないので、仕方なくエッチな要求をのむ実奈。
最初はトイレで用を足しているのを魅せろというくらいのものでした。
このくらいなら恥ずかしいだけで我慢できる・・・そう思っていた実奈ですが、
「まだ終わりじゃないよ・・・」
男は次々に要求を出してきます。
服を脱がされ、遂には挿入までされてしまいます。

見知らぬ男に生で初めてを奪われた実奈は絶望するしかありません。
しかし、実奈にとっての地獄、「イケナイヒメゴト」の本領発揮はここからでした。
四畳半のアパートで男たちにいいようにヤラれまくる実奈。
さらには実奈の姉まで巻き込まれてしまい揃って男たちの欲望に飲まれてしまいます。

処女の女の子が堕ちるところまでお律「イケナイヒメゴト」はおすすめです。

オレの妹は思春期で発情期

家族で温泉旅行の予定がなぜか妹と二人きりの旅行に!?

妹の葵は思春期に入ったせいか、超がつくほど生意気です。
兄に対して罵詈雑言は当たり前で、「オレの妹は思春期で発情期」とありますが、発情期の”は”の字もありません。
いくら両親がいるとはいえ、そんな生意気な妹と一緒に旅行だなんてあまり乗り気しなかったのは確かです。
姉がいてくれたら話は別だったのでしょうが、残念ながら姉は海外留学中で不在です。
両親+オレ+葵の4人で温泉に行くことになったのですが・・・

なんと、旅行当日に両親が旅行に行けなくなったと言い出します。
このままでは葵とふたりきりで温泉に行くことになってしまう。。。
なんとか旅行自体を中止させようとするのですが、葵は強硬に温泉に浸かりたいと言い出します。
両親は「二人でゆっくりしてきて」と言うので、無下にキャンセルすることもできなかったため、仕方なく葵と二人で温泉に行くことにするのですが・・・

なんと、ふたりきりの温泉旅行中に葵が発情してしまうのです。
いままでは思春期でクソ生意気だった葵が、急にしおらしくなって身体を預けてきたりするのです。
今までは生意気な奴だと思ってあまり相手にしていなかったのですが、よく見ればいい感じに成長しており、かなり可愛い部類に入るのです。
そんな発情モード全開の葵と温泉で二人きりとなっては何も起きないはずがありません。
しかも、愛の方から積極的に誘って来たりするので、ついに我慢が出来なくなってしまいます。

お年玉でお姉ちゃんを買ってみた

タクヤがお年玉で買ったもの・・・それはお姉ちゃんの身体でした。
「お年玉でお姉ちゃんを買ってみた」のタイトル通り、お年玉で大金を手に入れたタクヤはそのすべてを使ってお姉ちゃんを買ってしまったのです。

最初はあっけにとられていたお姉ちゃんですが、タクヤのお年玉をゲットできる良いチャンスと思ったのでしょう。
タクヤに身体を売ることにします。
こうして、いとも簡単にエンコー関係が成立してしまうのですが、ここからがすごかったのです。
お姉ちゃんからするとまだまだコドモのタクヤにはおっぱいを見せてあげる程度で満足してお金を払うと思っていたのですが、タクヤはそこまで甘くはありませんでした。
年に一度のお年玉を使うからには徹底的に買う気だったのです。

目のまでおっぱいを見せてくれているお姉ちゃんを押し倒し、下着をはぎ取ります。
ここにきてやっとヤバい状況に陥ってしまったことに気づくお姉ちゃんですが、もはや手遅れでした。
タクヤの理性は暴走して、もはや止めようがなかったのです。
どう説得しようとしても、「お姉ちゃんを買ったんだ!」の一点張りです。

半ば無理矢理にタクヤに買われてしまったお姉ちゃん。
一度、一線を越えてからはもう障害はありません。
タクヤは快楽のために、お姉ちゃんはお金のためにエッチな事を繰り返します。

しかし、その関係も長くは続きません。
タクヤには継続的な収入源があるわけではないので、お年玉が尽きてしまうのです。
お姉ちゃんはこれで終わりかなと思うのですが、タクヤは甘くありませんでした。
タクヤが次にとった行動とは、お姉ちゃんを売ることだったのです!?

姉御!~俺の姉ちゃんがエロ過ぎて困る~

いわゆるブラコンの姉といい仲になってしまう漫画です。
昔から仲の良かった姉弟だったのですが、主人公が大学に入ってひとり暮らしをしてからその生活が一変します。
姉が主人公のアパートに遊びに来てそのまま居着いてしまったのです。

親から監視されることもないので一日中べたべたしているふたり。
もしかして血がつながっていないのかも・・・?と思えるほど似てないふたりなのですが、性格的な相性はかなりいいようでケンカもせずに仲良く暮らしています。
とはいえ、年頃の男にとって姉の身体は魅力的すぎたようです。
しかも、無防備に自分の布団の上で転がっているのですから我慢しろという方が無理な話でしょう。

あまりに無防備な姉に手を出してしまった夜・・・
姉は拒みもせず全部受け入れてくれたのです。
それからというもの毎日のように二人でイチャイチャしまくります。
しかし毎日家の中で、というのも飽きてきたので車の免許を取ったついでに姉をドライブに誘います。

レンタカーを借りて二人で遊びに行くのですが・・・
初めての運転では当然のように道に迷ってしまいます
いつの間にか山奥にたどり着いてしまったのですが、姉は責めることもなく笑っています。
それどころか、ちょっといたずらっぽく笑って誘ってきたのです。

折角誰もいないところに来たんだし・・・姉のお誘いに載ってしまう主人公ですが当然の流れですよね。

家族公認!姉と妹に出し放題のオレんち

もし、どんな願いも受け止めてくれる極上姉妹がいたら!?
しかも家族公認で好き勝手にやっていいと言われたら最高ですよね?
もちろんやることなんて決まっていますが、とある事情から「姉妹に出し放題に出していい」と言われた男の物語です。

さらにうれしいことに姉妹は巫女服を着てご奉仕してくれるのですから言うことなしですね。
実はこうした待遇には事情があります。
玖珠月(くすづき)家にはある理由により姉妹による儀式が必要だったのです。
姉妹による儀式と言えば「くくり姫」などのようなダークなものもありますが、玖珠月家のそれはもっとライトな理由なようです。

そうと判れば躊躇する理由なんてありません。
(あまりにダークなモノであればちょっと怖いので笑)
ふたりとも初めてなのでイチから教えていく必要がありますが、その教えていく過程もなかなか楽しいものです。
ふたりの成長を眺めならが、儀式の準備も進める物語です。

おねだりシスターズ

エッチでおねだり上手な姉妹が性処理をしてくれたら・・・そんな願望をかなえてくれるのが「おねだりシスターズ」です。
ちょっと違うのは”性処理をしてくれる”のではなく、”性処理をさせられる”ところでしょうか。

ビッチで淫乱な姉と2人の妹の3姉妹をもった主人公は毎日のように姉妹とエッチしまくっています。
姉妹の方から誘ってきて中出しをおねだりしてくるのですから断る理由なんてありません。
ただ、どの姉妹も個性的で扱いにちょっと困ってしまう点はありますが・・・
姉はSっ気たっぷりでオナ禁したらごほうびにヤらせてくれると言い出したり、上の妹は無理矢理ヤってくださいとお願いしてきたり。
下の妹に至っては嫌われていたはずなのにいつの間にかお兄ちゃん大好きっ子になっているツンデレ娘です。

3人に共通しているのはエッチと中出しが大好きという点のみ。
まあ、共通点がないのは、いろんなエッチが楽しめるというメリットでもありますが。
3姉妹が代わる代わるエッチを求めて襲ってくるので身を休める時間もありませんが、可愛い姉妹に求められていること自体は快感でもあるので来るもの拒まずでヤりまくります。

ちなみに、3姉妹の名前は明かされていませんが、エッチできれば良しなので気になりませんね。