発情女子寮ハーレム~そんなに出したら妊娠しちゃう!!

エステティシャン揺曳学校に入学したら男は主人公一人だった!?
しかも、入学式前から同級生に嫌われてしまいます。

主人公高木俊介は春からエステティシャン養成学校に入学することになっていました。
まずは寮に行くために地図を頼りに道を歩いていると、よそ見をしていたせいで女の子二人とぶつかってしまいます。
このぶつかった相手が高木の同級生となるはずの明日香と凛でした。

ぶつかったはずみで3人は転んでしまい、どういうわけか仰向けに寝ころんた高木の上に明日香と凛が跨ってしまったのです。
明日香は高木の顔の上、凛に至っては高木の腰の上に跨り、おっぱいまで揉まれてしまいます。
「なんかいい匂いがするな~」

高木ののんきな一言にキレた明日香は、高木をボコボコに蹴ってきます。
明日香が足をあげた拍子に、おっぱいを揉んでいる凛の姿も見えてしまいます。
そこで初めて凛のおっぱいを揉んでいたことに気づく高木。
凛は真っ赤になって揉まれるのに耐えていたのです。

「しね!しねっ!!」
「ちょ、明日香ちゃん」
本気でキックする明日香と、それを止めようとする凛。

そのとき凛が高木のエステティシャン養成学校の入学案内を持っていることに気づきます。
「信じられない!!!」
同じ学校に通うことになるのがよほど気に食わないのか明日香はキレっぱなしです。
それを必死にフォローする凛。

高木は当然のように凛に好意を持ってしまいます。

結局女子寮まで一緒に歩くことになった亜3人。
「それじゃ」といってそっけなく言ってしまう明日香。
「ああ見えても明日香ちゃんは優しいから・・・」
なんとかフォローしようとする凛が高木にとっては天使に見えてしまいます。

2人と別れて高木も寮に行こうとするのですが・・・
なんと、学校の案内に記された寮の場所は、明日香と凛のいるはずの女子寮!?

実は学校側も男子生徒を受け入れるのは初めてだったらしく、男子寮なんてないので女子寮で我慢してほしいというのです。
一見するとハーレムのようですが、その実は針のむしろ・・・

高木はきちんと卒業できるのか、それとも女子寮でハーレム生活をするのか・・・
気になる「発情女子寮ハーレム」はこちらから読めます。