囚われ勇者と魔王(女)とエルフ

囚われ勇者と魔王(女)とエルフはひぐま屋の新作漫画です。
勇者と言ってもひょろひょろモヤシっ子で、当然魔王に勝てるはずもありません。
捕えた魔王(女)も「本当に勇者」と確認してくるくらいです。

数あるファンタジーもののなかでも、魔王に確認される勇者なんてそう多くないはず笑
一応勇者(らしい)ことを知った魔王(女)は、モヤシ勇者ならそれはそれで利用しやすいと考えたようです。
このモヤシ勇者を徹底的に利用することを画策します。

利用すると言っても、一応は勇者。
囚われていても反抗的な態度を崩しません。
そこで、まず、エッチな事で骨抜きにしようと考えます。
その意味では、モヤシ勇者の方が都合がよかったのでしょう。

早速囚われ勇者の懐柔にかかる魔王(女)。
ところがこれが思いのほか簡単にできてしまいます。
どうやら勇者はこれまで魔物退治に夢中でエッチな事には全く興味がなかったようです。
そういえば、この勇者って仲間いないみたいですね・・・
囚われても誰かが助けに来る気配もなければ、勇者自身もそれを期待している風でもありませんから。

要するに「ぼっち」なので、この意味でも魔王(女)の懐柔は簡単だったのでしょう。
魔王(女)は敵だと頭ではわかっていても、エッチな事をさせてもらえると判ると、全く体が言う事を聞いてくれません。
それどころか、魔王(女)に甘えだしたりする始末・・・
ホントに勇者かこいつ・・・

魔王(女)に一通り遊んでもらったあとは、同じく囚われのエルフが連れてこられます。
このエルフ、なんだかエッチぃです。

魔王(女)によると、だいぶ前にエルフの里を襲撃したときに、気に入って連れて帰ったようです。
そして、囚われ勇者と同じく、エッチな調教をされて今ではエロエロになってしまっています。

ただでさえエッチしたくてたまらない囚われ勇者にエロエルフをあげたものですから・・・
当然のようにヤりまくる勇者。
ところが、エルフもかなりの(性的に)剛のモノで、何度勇者に求められても全て受け止めるほど。
最後の方では疲れて寝てしまった勇者に覆いかぶさってエッチをしようとするほどです。
このエルフ、ヤバい・・・笑

まあ、ヤりたい盛りの勇者とエロエルフの組み合わせはある意味最高と言えるでしょう。
そして、ふたりがエッチしている間は勇者の脅威におびえる必要がなくなる魔王(女)にとっても、この状態は望ましいものです。
魔王は2人を放置してどこかに行ってしまいます。
そんなことに気づきもせずにエッチしまくる勇者とエルフ。

なんというか、最終的には魔王(女)の一人勝ちという感じですね。
囚われ勇者と魔王(女)とエルフはこちらから読めます。

隣人がサキュバスだと毎日がエロい

舞台は現代日本と似た社会です。
テクノロジーや生活様式などはほぼ同じですが、そこに住んでいる人が少しだけ違います。
普通の人類と一緒にサキュバスも住んでいるのです。

サキュバスは数こそ多くないようですが、それなりに社会に溶け込んでいます。
目の付け所が鋭い会社は「サキュバス召喚アプリ」なんて言うものをつくっているくらいです。
このアプリは登録済のサキュバスに連絡して、呼び出すことができます。
サキュバスを呼び出してヤることなんて言ったら・・・一つしかありませんね。

しかも、サキュバスを呼び出さなくても、偶然隣に住んでいたりすることもあります。
サキュバスの末裔であるまり子さんは、人間の男と結婚して都内のマンションに住んでいます。
旦那にはサキュバスの末裔であることは内緒にしているのですが、余ったせい欲はマンションの隣人で解消していたりするのです。

まり子さん曰く、サキュバスとしての能力はほとんど失って人間に近いとの事ですが、エロさと誘惑の上手さはサキュバス譲りなようで、隣人の大学生はほとんど毎日のようにまり子さんの相手をさせられています。
もちろん、隣人はいやいやではなく、喜んでまり子さんの相手をしているのですが・・・

サキュバスと言えば搾精。
まり子さんも搾精のテクニックは抜群で何度でもエッチできるほどです。
もし、隣人がサキュバスだったら毎日が楽しそうですね。

ちなみに、ひぐま屋のオマケではサキュバス小佳奈プリで呼び出されたまり子さんも見ることができます。
普段は普通の格好なのですが、アプリで呼び出されたときは悪魔っぽい恰好をしています。
こちらの姿もエロいので必見です。

とある村の筆下ろし事情がヤバい!?

いくら情報化社会になってきたといっても、田舎では昔の風習が残っている事は多くあります。
ネットや携帯が普及しても使う人が対応していなかったらどうしても情報化の波に乗り遅れてしまうのです。
そうして乗り遅れた地方は昔の風習がずっと残ったままということになります。

また、いくらあえて昔の風習を残すということもあります。
特にその風習が一部のものにとって便利だったりするとよく起こるのではないでしょうか?
そして一番きついのがこの2つの合わせ技、つまり情報化に乗り遅れた地方で一部の人間が自分たちの利益のために昔の風習を残そうとしているケースです。

こうなると、誰も止めることはできません。
外部からの情報はシャットアウトされていますし、そこに住む人はそれが昔から続いていたので当然と思っていたりするのです。

ひぐま屋の「とある村の筆下ろし事情」ではそんな田舎の村の事情が描かれています。
風俗もない田舎ではヤるのも一苦労するはずです。
そんな環境で効率的にやるためには、筆下ろしは年上の女音人がやってくれるという風習は願ってもないしきたりなのです。

こういう風習を残しておけば、何かとやり易いのは想像に難くありません。
田舎なので外部からの声をシャットアウトしておけば、大きな問題にならないのです。
もちろん、この漫画ではそう言ったものを悪く取り扱ってはいません。
むしろ、村に住んでいる男の視点で物語が進んでいきます。

この風習を取り扱うと必然的にお姉さんがたくさん出てきます。
ひぐま屋の絵はお姉さんが魅力的なので、正にうってつけではないかと思います。